勝負の行方②

神の言葉を、「言霊」と言うんだが・・・
*言霊(ことだま)とは、一般的には日本において言葉に宿ると信じられた霊的な力
のこと。(ウィキペディアより)


侍従は「言霊」など使えるはずがない!


力説する国王です。


オレは最近、「言霊」の使い方を会得した。
だから分かる。


ほう・・・


「言霊」と普通の言葉の見分け方が分かるか?


分からないだろ!と言いたげです。


教えてやろう。
それはだな・・・


はあ・・・?

「神」と繋がってるかどうかで判断するんだ。

「神」と繋がった者だけが、発することができるということだ<(`へ´)>

へえ・・・


国王、酔いしれておりますが、ここでワタクシ、とても重要な事実
に気づいたのでした。
しかし、もう少し黙って、国王を昇らせてみることにいたしました。


今から君に、「神」と繋がるための、「言霊」を教えてやろう。
たった5つの文字でいいんだ。


ふ~ん・・・

だんだんと、理解することが困難になり始めました(-.-)


目を閉じて聞け。順番に言うぞ・・・


AAAAAAA~~~~OOOOOOOO~~~~~


発声練習から始めるのか・・・と思いながら、ついつい、薄目を開けて
しまいました。


薄目を開けるな!もう、始まってるんだぞ。


こわ・・・・


UUUUUUUU~~~~~~~~


もう、この辺りで止めなければ長引きそうでしたので、目を閉じたまま、
 思い切って口を挟んでみました。


あの・・・さっき、神様と繋がるかどうかって、言いましたよね。


そうだ。「決め手」はそこだ。


低く、荘厳な感じの声で答える国王です。


ということは、国王は「神」ではないということになりますよね?


その瞬間、「あっ・・・」と声を漏らした国王。
薄目を開けてみますと、 国王の顔、心なしか青ざめております。


すかさずトドメを刺させていただきました。


やっぱり、「神」は二人いない・・・ということですね。


ということで、侍従も国王も、敗北・・・(ё_ё)


勝負の行方①

侍従(注:アガルタ国で登場)からメールが来た。


彼が上京し、カウンセラーとしてデビューするという話を聞いたのは、
昨年のことでした。

クライアントから、「神」のようだと言われたとかで、有頂天になってる!


早々にご活躍されているようですが・・・
負けず嫌いの国王、明らかに機嫌がよくありません。


速攻で返事をした。


スマホを握りしめ、「見ろ」と水戸黄門風です。
でも、字が小さすぎて見えません。


何て返事をしたんですか?


国王、顎があがっております。


この世に神は2人いない!!!(文字通り、クレシェンドで)


もしかして・・・自分が神だと言いたげ?


神の化身が国王なのだ(`へ´)


はいはい。それはようございました(-.-)


神(と言われた人)VS 神(と思い込んでる人)


勝負の行方はいかに!?


沈黙の果てに

国王が「悪者」に見え始めましたら、つかれている証拠です。


未だ、人手不足で、受付に座っておりますが、最近は国王の要求も増え、
助手の領域まで踏み込んでおります故、頭の上から黒い煙が出てる私です。


自営業ですから・・・頑張っておりますが、昨日、同じ質問を2度しただけで、
怒鳴られてしまいましたので、ワタクシ、沈黙体制に入りました(-.-)


会話を交わすエネルギーも枯渇してくるようでしたら、かなり危険なレベルです。


そんな折り、娘のアルタからメールが届きました。


お母さん起きてる?


起きてるよ。


胸騒ぎを覚えつつ、返信。


昨日から何だか体が重くて、辛い。


不思議な事ですが、遠く離れていても、母と娘は連動するのでしょうか。


そうか・・・お母さんも何だか体が重いんだけど、仕事だから頑張ってるよ。


分かった。じゃ、なんとか頑張ってみるけど、ダメだったら学校お休みしていい?


OKだよ。


で、今朝、


行ってきます!


と、メールが届き、娘が頑張ってるんだからと、
患者様だけには普段通りの私で頑張りました(ё_ё)


さて・・・


冷戦状態は夕方まで続き、静かな夕飯を終えて隣の実家にまいりましたら、
私の母が、思い出したように話をし始めました。


今朝ね、ローラが夢に出てきたのよ。
突然ウチにやってきてね。


ふ~ん。それでそれで?


『ジョンが(国王)私の歯を全部抜いてしまったあぁぁぁ~!!』


って、口を押さえながら泣き崩れるから、ビックリしてみたら、歯茎しか
なくって・・・


え~!!!なにそれ!!


ど~してそんなことになったのぉぉぉ~!!
って、叫んでたら目が覚めたのよ。


もう、動悸がして、夢でよかったって思いながらも、それからま~ったく
眠れなかったわ(-.-)


なんという恐ろしい夢。


ここでも・・・母娘は連動してた?のでしょうか・・・。


で、母、実妹、私の三人で盛り上がっておりましたその時です。
突然国王がやって参りました。


一同、一瞬体が硬直状態でしたが、国王は、私のそばまで来るやいなや、


ごめんなさいっ!


と謝るのでした(*_*)


君のハイヤーセルフに、一刻も早く謝りに行けって言われた(゚_゚;)


のだそうで・・・。


何だか、この流れ、とても怖いです。
でも、事実です。


お義兄さんが突然やってきたから、これから何が始まるんだろうって思った。
怖かったあ~。修羅場にならなくてよかった・・・


実妹の言葉もリアルすぎて、怖さ倍増という感じですが、結局、沈黙の時間は
これにて終了いたしました。


何はともあれ、ハイヤーセルフさんに感謝いたします(ё_ё)
あと、いいスタッフの方もお連れ頂ければ幸いです・・・(ё_ё)