ドラマチックな1日

❝永遠の0❞ 戦を見に行くぞ!!!


というので、国王について行ってまいりました。


靖国神社にある、動かないゼロ戦は見たことがありますが、実際に


飛ぶ


という話を聞きましたら、行かないわけにはいきません・・・。


格納庫から出たとこ
↓ ↓ ↓ 




実は・・


ここまでは、一緒に見ましたが、急用で先に空港を出発した私は、
結局「飛ぶ瞬間」を見れずじまい(-.-)


しかも、駅行きのバスに乗りおくれてしまいまして、


しかたなくトボトボと歩いておりましたら、なんと、


送ってあげましょうか?


と、知らない人に声をかけられまして、
駅まで乗せていただきました・・・(ё_ё)


有り難いことだと思いながら家にもどりましたが、


家に帰るなり、実妹が慌ててやってまいりました。


お兄さんから電話あったよ。携帯見てないでしょ!!!
もしかして、ランクルのキー、持ってない?


あっ・・・


そうでした。


なかなか格納庫から出てこないゼロ戦に、待ちくたびれて車の中で待つからと、
キーを預かってたのでした。


早々、空港まで引き返すことになりまして・・・


車に乗れず、散々またされた国王の、機嫌の悪いこと・・・(`^´)


結局、


国王に怒られ、
飛行も見られず、
知らない方にお世話になり、
空港まで2往復もし、
急用には間に合わず


私は一体、何のために空港まで行ったのやら(-.-)


実妹からも、


よく一人で、知らない人の車に乗ったわね!
北朝鮮に連れていかれたらどうするの!!!


と、怒られましたし(-.-)


でも、とってもいい方でした。


ということで、国王が撮った、飛んでるゼロ戦です。


↓ ↓ ↓






国王と別れて、30分後には飛んだそうです。
もう少し待てば良かったです。


が、


そのおかげで・・
ドラマチックな1日を送ることができました。
という事にいたしましょう。(-.-)



それに致しましても、


“永遠の0”


飛ぶ瞬間の「音」が、聞きたかったな・・・(ё_ё)


因みに携帯、開きましたら、国王からの着信、19回ほど入っておりました(-.-)


Let's vote !

突然の解散総選挙。


なぜこの時期に?という思いもございましたが、


今回は短期間ながら、患者様と、やたら政治の話でもりあがりました。



どこに入れたらいい?
きめられない・・・



と聞かれますと、いい加減なことは言えませんし。


結構・・勉強いたしました。


❝歯科医院の受付❞と言えど、様々な対応が求められます(-.-)


で、


減税増税ミサイル危機原発ばらまき消費税・・・まるで早口言葉のごとく(-.-)


わかる範囲でお応えしてまいりましたが、


最後は、


このたび、私のお世話になった方の息子さんが出られてまして・・・


が、決定打になったような気がいたします(ё_ё)


こんなのでいいのだろうか・・・と思いながらも、


やり切った感もあり・・・(ё_ё)(ё_ё)(ё_ё)



ということで、台風が心配ですが、本日は投票日です。


国王と、


確か、以前は、オレンジとスイカ でUPしましたよね。


という話になりまして、


今回は秋らしく、ピオーネでチャレンジ (ё_ё) 



国王、頑張りました。


が、


今日はこれから美容院に行ってまいります。


出来栄えを見て思いました。


そろそろ染め直し、しませんと・・・


わかりますでしょうか。不自然なカラーの一粒・・・
         ↓↓↓




彼岸花

君のような花だ・・・


と言われました。


どこがですか?


と尋ねましたら、



色がおんなじ。



ということで、すぐに被写体にされました(-.-)



同級生のペロさんちのお庭に咲いてたそうです。


赤は見たことがありますが、黄色は初めて見ました。



❝彼岸花と王妃❞ 
↓ ↓ ↓


わたくし、どこにいるか、おわかりでしょうか?



この、黄色い彼岸花、本当に美しくて(ё_ё) 


残念ながら、私と似てたのは色だけですけど(-.-)


今月の初旬まで、病院の入り口で、患者様を楽しませてくれました。



国王、いい作品ができたと有頂天で、ハイテンションでした。


花言葉をしってるか?

ひ ・ と ・ す ・ じ ・・だ!。


君からオレへのメッセージだな。




いや・・・逆でしょ(-.-)



後で調べましたが、そのような花言葉は見つからず・・・
国王の創作か妄想でしょう (-.-)



で、思わず言ってしまいました。


それはそうと、昔からいわれておりましたが・・・
毒があるらしいですね。



すると・・・



そこもぴったりだな。


と、返ってまいりました。小声でしたが聞こえましたわ。



では・・


もう、私には近寄らないほうがいいですね。



危険ですからね・・・この場をお借りして国王に警告(ё_ё)