王妃

夫をアガルタ国王だと認定したのは、安倍晴明の末裔だという、ACという男性だそうです。
陰陽師に認定されたのか!?と、一瞬クラッとしました。
だから、君はもはやアガルタ王妃だね。
と言われ、昔見た「星の王子ニューヨークに行く」という映画を思い出しました。
エディマーフィー演じる、アフリカ王国のアキーム王子と結ばれた、一般女性のリサ。
王妃という響きに酔いしれ、しばし、夢想する私。
もしかして、数十年後、使者がやってきて、アガルタ国に連れもどされたりするの?
なぜか、真剣に聞いてたりして・・・。
う~ん。まだ、そこまでは分からない。でも、君はもう、ボクからは逃れられないからね。
と、高らかに笑う国王に、現実に引き戻された私。

どういう意味だろ???


オレはアガルタ国王だった・・・

突然そんなことを言われても・・・と思いました。


あるセミナーに参加した時、知り合った男性に「あなたはアガルタ国王でしょ。」

と言われたそうで、その気になって帰ってきたのですが、意味わからないという

感じでした。


とりあえず、


アガルタ国って、どこにあるんですか?


と聞きますと、


地底にあるんだ。


とのことでした。


なぜ、日本にきたんですか?

君にあうためさ。

じゃ、私はアガルタ国の人じゃないのですね。

そうだな。

ふ~ん。で、これからどうするんですか?

日本国と友好関係を結ぶんだ。

そうですか・・・。



と、我ながら、よく、ここまで話をつなげたものだと思いますが、そのうち私もなんだか王妃の気分になったのでした。

それ以降、アガルタ国王の子離れ日記を院内で発刊しています。

人間味があって、面白いと、大好評です。

ブログをはじめました

初めまして。

アガルタ国王「ジョン」の妻「ローラ」です。

日本で開業以来、ずっと院内新聞を発行していましたが、ここ数年人気が出始め!?

20~30人程の愛読者ができました。

紙媒体で、これだけ読んでいただけるのなら、ブログを始めてはどうかという国王の勧めにより、チャレンジしました。

ブログも、たくさんの方に読んでいただけるといいなあ。

よろしくお願いしま~す。