ランドクルーザー

国王が愛したソアラ様とのお別れは、地元で開業する直前にやってまいりました。


山道を走っていた時、国王があやまって路側帯に乗り上げたことが、致命傷
となりました。


さんざん車屋さん巡りをして決めたのが、トラック ランドクルーザー
でした。


ディーゼルだから燃料代はかからない。


と、言い訳しておりましたが、半額ローンで半額後払いという、ディーラー
さんの巧妙な説明に、まんまと乗せられた国王でした。


おそらく、開業と重なり、未だかつて無い巨額なローンを組むことと
なったため、悩乱してたのかもしれません。(-.-)


どう見ても、トラックにしかみえない大きさ・・。
私には運転できないと思いました。


悲しみにくれておりましたら、実妹が車を譲ってくれました。
走行距離15万キロのスターレットでした。(T^T)


さて、そのランクル殿。


我家に来た日は、1メートルも動けませんでした。
国王、意外と 小心者 なのでした。


ショールームにあった車より大きい!


そんなはずはありません。同じです。
で、翌日も、車を動かそうとしない国王にしびれを切らし、


ちょっとキーを貸して下さい。


と、私が運転してみました。


少しずつ少しずつ動かしてみただけでしたが、やはり、国王、《着火》
いたしました。


代われ!


有無を言わせず運転席から引きずり降ろされ、国王、無事運転
することが出来ました。


ランドクルーザー80 VX-LTD


過去、開業直前に新築の家の外壁に穴を開けたり、はたまたデパートの駐車場
入り口のポールを壊したり、子供の三輪車を轢いたり・・と、いろんな
トラブルと共に、ご一緒させていただきましたが、本体は未だに健在です。
さすが、トラックだけのことはあります。


燃費はいいのですが、毎年車検(1ナンバーなので)というのが、
とても痛いです。
そろそろ普通車に・・・(o_ _)o


私の訴えは未だ届かず、国王は二代目《ランクル殿》と、運命を共にする
覚悟のようです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。