デストロイヤー

国王に、自覚はありません。
なので、私が命名いたしました。


そう・・・かもな。


そう・・・です。


過去、国王が参加したセミナーは、ことごとく破壊されている。
そんな気がしてなりません。


国王の治療技術は極めて正確だと、素人の私にもわかります。
しかし、経営にはあまりにも無関心、無頓着、無勘定でした。


なので最初は、私と一緒に “”経営者セミナー” というものに
参加いたしました。

きちんとメモを取っている姿を見て感動いたしましたが、ふとノートを見ると、
何本ものミミズが這っておりました。


これは何と書いているのですか?


と尋ねると

かみさんは頭が悪い。


などと答えます。


話にならないので、相手にしなかったのですが、案の定続きませんでした。


やはり、自分の心の欲するものでなければと、その後からは、自分であれこれ
見つけては、“セミナー” に通い始めました。

しかし、最初はとてもいい雰囲気なのですが、通っているうちに不満が
出てまいります。
自分の意に沿わないことについて
は黙っておれません。
納得のいくまで質問をする・・・と言えば聞こえはよいのですが、本音は、
  
とことん戦う<(`^´)>


です。


そこまでされるなら、自分でセミナーを始めてはどうですか?


(`・ω・´)!!


ということで、ただいまメンターを見つけて進行中ですが、


そういうのはオカシイんじゃな・い・で・す・かっ!!!


スマホを握りしめて叫んでおりました。


国王と関わる時は、神経を1~2本、切らなければなりません。
ただ、他の方と関わる時には、復旧しておかなければなりませんので、
そこの切り替えがとても困難です。


昨日から、タオルの消毒と洗濯に追われ(水浸し処理のため)、やっとすべてが
乾きました。


一枚一枚たたみながら、今朝から機嫌の悪い国王と目があいましたので、


うふっ(´∀`*)


と笑いましたら、


それで終わりかっ・・・(あほ)


で、無罪放免となりました・・( 。。;)
私の神経は、おそらく、たぶん、間違いなく、未だ切れたまま
繋がっていないのかもしれません。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。