お祭ツアー

一緒に行く予定の人が、行けなくなったのよ。


と、連絡を頂いたのが、一ヶ月前。


まだ、二度しかお会いしたことが無い方からのお誘いでした。
でも、なぜか意気投合してしまいまして、


・・・なら、私が行きます。


と、即決してました。


船に乗って島に渡り、神社へお参りするお祭りツアーです。


集合時間が早朝の為、朝五時に家を出発し、帰りは夕方で、丸1日家を空ける
ことになりますが、神事が絡んでいるせいか、国王、


あ、それ、行きたい。
え!?土曜なのか!
仕事じゃないかっ。
代わりに行ってきてくれ。


と、あっけなく許可がでました。


私は「スミレ」という名前での参加となりましたが、実はお誘いして
下さった方は、もう一人、お友達を誘っておられました。


その方は飛行機で来られ、前泊後泊で、三日間を費やしての参加とのこと
でした。
祭に懸ける情熱は、半端ではありません。驚きでした。


でも、参加してわかりました。


島に到着後、ひたすら歩く、歩く、歩く・・・。


当日まで、ツアーの詳細を聞いていなかった私には、その修験者の
ごとく行程は、冷や汗ものでした。


情熱を信仰心!?で何とかクリアいたしましたが・・・。
おそらくこの精進で、神のご加護を得たのではないかと思います。(^^)


といいますのも、現在、一人のスタッフと共に頑張っている国王ですが、
来週から新たなスタッフがお目見えすることとなりました。

どんな方ですか?


国王に尋ねましたら、


ここにくると、プラーナが見えたそうだ。(`^´)エッヘン


と、鼻を膨らませて教えてくれました。


プラーナを知らない私には、なんのことだか。(-.-)
でも、知らないままにしておこ・・・。


国王の態度からして、深入りはやめておきます。



お天気が悪く、水平線に、かすかに映っておりますが、
渡船途中に通り過ぎていく漁船軍団です。
(注:これでも、カラーです)
↓↓↓


渡船途中 


実際の漁船軍団。
一時間後、漁港に戻って来た時は、雨がうそのよう。
晴天でした。
↓↓↓

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。