受付復活

ハローワークで言われました。


売り手市場ですからね・・・なかなか困難ですよ・・・と。


昨年から、求人の申し込みを出しておりますが、本当にそうなのだと思いました。
一ヶ月以上も面接者が来ないというのは、初めてのことです。

なので、国王からSOSが出まして、受付に座ることになりました。


最初は、


でていただけませんかあ?


などと、コネコネしながら頼んできましたが、


いざ出てしまうと、えらく上から目線の国王です。


ちっ・・・(=_=)


ブランクを埋めるべく、頑張るけなげな妻に、舌打ち(-.-)


もう、絶対に出ないぞ・・・と、密かに思いはじめていたその時、一人の
女性患者さんが、私に近寄ってきて言われました。


お嬢さん、大きくなったでしょう。


はい。小さくはなりませんよお (ё_ё)


プレイルームで遊んでたわよね。


はい。働く母の元で遊んでました。


可愛かったわよね。


はい。ホントに。(親ばかですが)


ところで、お嬢さん、本当に先生の子供?


ん・・・?


本当に先生の子供?


は・・はい。


本当に?


あ・・・。はい。実の子ですよ。


へ~。そうなのね。


診療後、国王に尋ねてみました。


どういう意味なのでしょうね。


しばらく二人で悩みましたが、


① 孫だと思った。
② 実年齢よりも若く見える?私の連れ子で、国王は再婚相手だと思った。
③ 実は、「かぐや姫」なのではないかと思った。


のうち、私の強い推薦で、②だということに落ち着きましたが、何だか
少し、気分上昇。
ショックを隠しきれない国王には、ただいまヘアカラーを勧め中です(ё_ё)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。