職業病

朝、腰がまがったまま起きてくる国王。

治療中の姿勢が、固まってきてる感じです。

痛々しくて、患者さんには、見せられない姿です。

職業病だわね・・・。

と言うと、

国王とはいえ、他国でお世話になるためには働かなくてはならないのだ。

と、ちょっと苦しげ。

とりあえず、腰を伸ばすために、背中と背中を合わせ、お互いの両腕を組んで、

体を反らしてみようということになりました。

子供の頃、体育の授業でよくやった運動です。

とはいえ、国王としての威厳を保つため、見た目も大事なのだと言いながら、

0.1t(!?)の体型を誇っている国王を背負うのは、かなり勇気がいります。

両足を踏ん張ってやってみました。

でも、国王の体が少し浮いたところで、「あ~あ~あ~」と変な声を出すから、

5秒ももちません。

とても痛いそうで・・・。
やっぱり、ちょっと体重落としたほうがいいんじゃない?ということで、

運動しようということになりました。

歩くのが一番だと言うから、お安いご用と思ってたけど、職人肌の国王は、

ここでもこだわります。

近くを散歩なんて、面白くないからと、ウォーキングスポット探しからはじめる

から、なかなかスタートできないのでした(-.-)



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。