自動翻訳機

何度言っても、手応えがございません。


診療時間外に予約の電話を受けた場合、予約表など見ない国王です


しかも、予約表に記入もしない国王です。


従って、カブッってることすら知らない国王です。


なのに、診療間際に、受けた電話を思い出す国王です。


現場は時折、パニックになります。


取りあえず、スタッフ共々、一致団結して乗り切りますが・・・


後から


ブチブチ・・・・。


何だ?


ブチブチブチブチ・・・。


オレの役に立てて嬉しいのか?


違います。


オレの自動翻訳機では、そう聞こえる。


まったく違います


そうかそうか。頑張ってお支えしますって思ってるんだな。


ち・が・い・ま・す!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。