365分の1の日に

もう、2週間前の事になりますが・・・王女のお誕生日でした。


そして・・・


確率的には、そんなに低くはないのでしょうが・・・


ブルゾンちえみとおんなじだった~~~!!


のだそうです。(≧∀≦)


高校になって、大の仲良しになったお友達も、その切っ掛けが、
お誕生日が同じだったので、意気投合したと言ってましたし。


ということで、夏休みに生まれてくれたおかげで、王女の大切な365分の1日を
一緒にすごせること。
国王、心から喜んでおりました。


その日の午後、王女が出かけた隙にケーキを買いに行きましたが、たまたま
午後休診でしたので、国王もルンルンでついてまいりました。


なので、自由な選択ができませんでした。
かなり抵抗したのですが・・・


コレがいいコレがいいというので、このようなレアなものに・・・(-.-)
↓ ↓ ↓



名前を入れていただく間、お店の方に、


ろうそく何本お入れしますか?


と聞かれましたが、


どこにたてたらいいでしょう・・?


とお聞きしたいくらいで、ぼーっと考えておりましたら、横で国王が、


ろうそく なんぼん いり ま す か って!!


と、突然大声でいうので(本人曰く、普通に喋っただけだそうですが・・・)


その瞬間、お店の空気が一変いたしました。


その上奥から、オーナーらしき女性の方が吹っ飛んでまいりましたので、
まあ、何だか勘違いされたと言いますか、何事かと思われたのも無理はないと
思いますが・・・。


少しばかり焦ってしまった私です。(-.-)


2本お願いいたします。


と、早口で答えてしまいました。(ё_ё)


あとで、


17なんだから、大が1本で小が7本だろ!


と、国王に怒られましたが、どう考えても、そんなに立てられませんわね(-.-)


そして、いよいよ帰り際、お店の方に、


あの・・・


と、こわごわ切り出されましたので、また何か?とヒヤヒヤいたしましたが、


このケーキは、土台がメロンでできておりますので、切り分けられません。
よろしいでしょうか。


と、言われました。


そうかもしれないとうすうす感じておりましたが、あえて釘をさされると、
呆然。


どうやって食べるのですか?


勇気をだしてお聞きしましたところ、


スプーンですくって食べるタイプのケーキでございます。


ということでした。


でも、すでに箱詰めされておりますし、「はい」としか言いようがございません(-.-)


祖父母を含め、実妹、従兄弟たちも、箱を開けた瞬間、


ど~やって食べる?


という目をしておりました。


現実的には、スプーンですくうというより、掻き出す・・・に近い感じでした
でしょうか(-.-)


美味でしたので、皆喜んでいただきましたが、来年はやはり、定番のイチゴの
ケーキにするつもりです。


& 


国王は連れていきません。絶対・・・(-.-) 


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。