発覚

ある日、国王あてに、分厚い封筒が届きました。


おっ!!


いつものダイレクトメールではありません。

明らかに、今までとは違う、「別物」と認識した国王は、

大急ぎで封を切ってました。


開けてみると、なにやら振込用紙が大量に入ってます。


あ、奨学金の返済だった

な~んだというそぶりの国王でしたが、私は、金額を見て真っ青。


こんなに借りてたの・・?


と慌てる私に、国王は、


一括返済は無理だな。
困難は分割すればいいんだ。


と、微動だにしません。


車のローンも始まったばかりです。

マイナスからの出発なのに、さらなる負荷がかけられることになるなんて(゜_゜;)


やはり国王、ただのプータロウではありませんでした。

借金付きプータロウ。

しかも、すべては事後承諾です。


初めてのお給料が振り込まれる、三日前のことでした。





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。