侵入者

選挙まっただ中です。

国王は、政治が大好き。テレビにかじりついてるので、


そんなに好きなら、立候補されたらどうですか?


と言ってみました。

うんともすんともいわないので、その気はないのか・・・と思ってましたら、


この名で出馬するというのはどうだ!


と、B5用紙に「上田国男」と書いて、私に見せました。


うえだくにお?


違う! 「あがるたこくお」だ!!


(-.-)


国の男。最高だな。


(-.-)


そういえば昔、『尖閣諸島は誰もいないから、攻めてくることは無い』などと、

馬鹿なことを言う幹事長もいたが・・・。


そうでしたね(´。`)


国王に賛成!という感じで、いい雰囲気をつくったつもりでした。

ところが、


君もたいして変わらず、馬鹿だったじゃないか。


と言われ、失礼な (`へ´) と思いましたが、そういえば・・・・

と、思い出しました。


実は私、結婚するまで、ドアに鍵を掛ける習慣がありませんでした。


私の実家はさほど都会ではなく、一軒家ですし、ちょっとお買い物に行くだけ
でしたら、窓も開けっ放しで出かけたりしてました。


なので、全く頓着無かったのです。


ところがある日、いつも通り施錠せず、買い物に出かけてしまった時のことです。


玄関を開けると、廊下を這うように、一枚の紙が目の前までやってきました。


ふと奥に目をやると、散乱した紙、紙、紙・・・。


パタパタ・・・という音で、カーテンが揺れているのだとわかりました。

急いで中に入ると、案の定、居間の窓が全開になってます。


雨が降るといけないので、窓は閉めて出かけたつもりでした。

なのに、そこから入り込む風で、国王の机に積み上げていた計算用紙や

問題用紙が、ほぼ全て、床や畳の上を這い回ってました。


怒られる  (゜_゜;)


それしか頭にありませんでした。


・・・とその時、電話がなりました。

国王かも・・・!と、ドキドキしながら受話器を取ると、ロミさんの声が

耳に飛び込んできました。


ローラさ~ん、帰ったあ? 誰もいなかったから、勝手に入ったよ~。

机の上の “お品” 、臭うから、窓開けてる~(*^_^*)


ふと見ると、整頓された(←ここ重要)私の机に、てんこ盛りのお漬け物が

置いてあったのでした。

ぬか漬けバージョンでした。


「それ」に気づいた途端、なんとも言えない懐かしい香りが、鼻をくすぐりました。


でも・・・


誰もいないと勝手に入られる。そして、国王に責め(攻め)られる》


以来私は、出かける時は常に鍵を閉めるようになりました。


しかし・・・

国王は、常に解放されている自宅に慣れていた為、鍵を持って出る習慣が

ありませんでした。


そのため、3度ほど閉め出されたことがある・・・と記憶しております。

どちらにしても結果は、怒られてた・・・と記憶しております。





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。